大阪府堺市の三石黒鉛は、炭素(カーボン)の結晶である黒鉛粉末を取り扱っています。窯やレンガなど耐火物への利用の他、工業製品への利用など、様々なご用命にお応えします。

大阪府堺市の三石黒鉛は、炭素(カーボン)の結晶である黒鉛粉末を取り扱っています。窯やレンガなど耐火物への利用の他、工業製品への利用など、様々なご用命にお応えします。
黒鉛とは
黒鉛の主成分は炭素(C:カーボン)。
石炭や石油の仲間であり、あのダイヤモンドも黒鉛の仲間です。

柔らかく脆い鉱物であり、黒色や銀黒色の独特な金属光沢があることから黒鉛と呼ばれていますが、鉛ではありません。

正式名は石墨(GRAPHITE/グラファイト)といいます。
大阪府堺市の三石黒鉛は、炭素(カーボン)の結晶である黒鉛粉末を取り扱っています。窯やレンガなど耐火物への利用の他、工業製品への利用など、様々なご用命にお応えします。
黒鉛の特性
黒鉛は非常に優れた力を持っており、様々なところに使用されています。
耐熱性 鉄は1300℃ほどで溶けるのに対し、黒鉛は3500℃ほどまで溶けません。その為、耐火物の材料にも使われ、耐熱用のパッキンなどに使用されます。 熱や電気の良伝体 黒鉛は電気をよく通すので、乾電池やボタン電池の中身、電車のパンタグラフなどにも使われています。また、熱もよく通す為、アルミや銅を溶かす坩堝(ルツボ)にも使用されています。
鉄は1300℃ほどで溶けるのに対し、黒鉛は3500℃ほどまで溶けません。その為、耐火物の材料にも使われ、耐熱用のパッキンなどに使用されます。 黒鉛は電気をよく通すので、乾電池やボタン電池の中身、電車のパンタグラフなどにも使われています。また、熱もよく通す為、アルミや銅を溶かす坩堝(ルツボ)にも使用されています。
潤滑性 黒鉛は柔らかく、よく滑る性質があるので、鉛筆の芯にも使われます。 耐酸性・耐アルカリ性 酸やアルカリに対してもよく耐える性質を持っています。
黒鉛は柔らかく、よく滑る性質があるので、鉛筆の芯にも使われます。 酸やアルカリに対してもよく耐える性質を持っています。
膨張係数の極少さ 高温の中においても体積の変化がほとんどない為、真っ赤に焼けた鉄の表面測定や、高温にさらされる場所の部品にも使われています。 その他にも、黒鉛は原子炉やスペースシャトルの外壁、車のブレーキ部分や人工関節、リチウムイオン電池にカーボンファイバーなどにも使用され、これからの産業に無くてはならないものです。
高温の中においても体積の変化がほとんどない為、真っ赤に焼けた鉄の表面測定や、高温にさらされる場所の部品にも使われています。
黒鉛のご用命なら、三石黒鉛へ! お問い合わせはお気軽に tel:072-259-4591 8:00~18:00(土日祝除く) お問い合わせフォームへリンクします